トイレのすべて

トイレにできた尿石の掃除方法

トイレ掃除で困るのは、便器にこびりついた尿石の処理ではないでしょうか。
尿石は、尿が固まり石のように硬くなってしまった頑固な汚れで、ブラシで擦ってもなかなかとれない頑固なものです。
この尿石の成分は尿に含まれるカルシウムで、それが結晶化したものです。
排尿の後に水を流しただけでは完全に尿を洗い流すことができず、便器の縁などにこびりついてしまいます。
そのためこまめに便器を掃除することが予防には一番の方法です。
こまめにというと曖昧な言い方ですが、少なくとも週に1回、できれば2~3日に1回は掃除をした方がよいでしょう。
できてしまった尿石を取り除く方法は、酸性のトイレ洗剤を使用し、化学分解して落としていきます。
便器の縁など垂れてくる場合は、トイレットペーパーを敷いてから洗剤を塗布する湿布法で数分おいてからブラシで擦るとよいでしょう。
ただ便器によっては酸性の洗剤が使えない場合もありますから、そういった場合はサンドペーパーで削り取るとよいでしょう。
この場合便器に傷をつけてしまうので、他の方法でとれなかった場合の最終手段にすることをおすすめします。

こまめなお掃除でピカピカなトイレ

トイレだけには限りませんが、汚れを未然に防ぎ、こまめに掃除することが清潔への近道です。
普段は専用の中性洗剤でこすり洗いし、便座や便器、床を紙製か布製の雑巾で拭きます。
床はほこりが溜まりやすいので隅々までしっかり拭きます。
少し念入りにしたい時や汚れを溜めてしまって尿石が付いてしまった場合は酸性洗剤を使いますが、アルカリ性洗剤とは決して混ぜないことと温水洗浄便座にかからないように注意することが大切です。
使い方は便器の水をポンプで汲み出すか雑巾に吸い込ませて抜き、汚れのひどい部分にトイレットペーパーを当てた上から降りかけて2~3時間湿布してからブラシでこすります。
便器の縁の裏側などの狭い部分は古歯ブラシを利用すると上手に汚れを落せます。
全方向からチェックするのが理想ですが、スペースが狭い場合は鏡を利用すると良いでしょう。
壁も案外汚れているので、水拭きできる素材であれば年に数回は中性洗剤で拭き掃除をすると臭いの防止になります。
毎日使うトイレはいつもピカピカにして、急な来客にも慌てないようにしておきたいものです。

Valuable information

樹木葬 東京

最終更新日:2018/11/8

copyright(c) 2015 「トイレつまりを解消」 all rights reserved.