トイレのすべて

トイレにウォシュレットを設置しよう

自宅のトイレに新しくウォシュレットを設置したいけど、コンセントを差し込む場所がないとお悩みの方は少なくないでしょう。
トイレでウォシュレットを使用する場合は電気を取り込める設備がないといけません。
コンセントを設置するためには電気の工事が必要になります。
トイレにコンセントがない住宅では、トイレの天井部分に設置された照明から電気を取り込む形が一般的です。
この場合は大がかりな工事になるため、素人がDIYで設置しようとしても難しいかもしれません。
電気工事は危険が伴うので、業者に依頼した方が安心です。
ウォシュレットには様々な機能が付いています。
洗浄機能はもちろんですが、便座を暖めたり脱臭機能が付いているタイプもあります。
寒い冬に便座が暖かいと助かりますね。
また便器が自動的にクリーニングする機能が付いているタイプもありますし、節電作用のあるタイプも販売されています。
セルフクリーニング機能が付いていると頻繁に掃除をしなくて済むので主婦にとってはありがたいですね。

トイレをウォシュレットにする外国人

ウォシュレットは、ある企業の登録商標名ですが、こういった温水洗浄方式便座は日本でもかなり進んでおり、全体の70%とも80%とも言われています。
最近ではスーパーや娯楽施設など、あらゆる場所のトイレにこういったトイレが取り付けられています。
ここまで普及したのは、元来日本人が清潔さを大事にする国民性であること、更には人間の欲求を満たすための継続した努力が影響していると思われます。
近づくと便器のふたが自動で開いたり、ノズル自体の洗浄ができてさらに清潔さを保てるようになったのも、こういった使用者からの声を地道に反映させてきた結果といえます。
特にウォシュレットは日本を代表する製品で、ここ最近は訪日外国人のお土産品としても人気があります。
必要な工具も付属されており、説明書を見ながら自分でも取付ができるものがあります。
アジア圏では特に日本ほどトイレが技術製品として普及していませんが、今後世界経済を引っ張っていくと言われているこの地域での所得向上が普及に追い風になることは必然であると思われます。

Favorite

最終更新日:2017/11/22

copyright(c) 2015 「トイレつまりを解消」 all rights reserved.